擬人的な・・・
c0150383_1884996.jpg


私のポ-トレイトの出発点は猫でした。
ただ、猫であっても愛しさは何も人とかわりはしなかった。
いや、人以上に・・・

追記
写真展であるかたに解説を求められたのですが・・・
そもそも、私の写真ア-トは無意識の世界が入り口なので、子供の頃の何の疑いもなく
無限空間に入っていけたような遊び感覚を忘れてしまった人には表面上のものしか見えないのかもしれません。
そして、何で大きな額に対して写真が小さいのか、また色デ-タが少ない白黒なのか?
もちろん、写真は過去の記録ですが子供の頃はもっと未来への無限の意識や空間認識が自由だったはずです。
とかく、大人になると常識に縛られて物事に理屈をつけたがったり、過去の実績から型にはめたりしますが
それはとても不自由なことだし、失礼な言い方をすると利口バカだと思います。
遊び道具もろくになかった幼い頃に日が暮れるまで夢中で楽しめた想像力の一部の欠片でも思い出せたら
もっと人生が楽しくなるかもしれませんよ!!
もしも、ただの静止画からモデルさんが動き出したり声や体温が創造できたらもっと楽しいのにね・・・
ひょっとしたら、私の作品は止まっているように見える動画なのかも??
広くて白いマットの空間は創造の入り口なのです。
by star913 | 2012-07-03 18:13 | Comments(0)
<< Sunday Morning 写真展初日 >>